心色


2003年09月

9月3日(水)

バイトの女の子からストーカー被害談をたまに聞きます。
今日聞いた話は、高校の同級生などから住所と電話番号を聞きだし、
家の前で待ち伏せしてみたり、執拗に無言電話をかけ続けたり。

思うに、一体彼は何がしたいというのでしょうか。
もしその子が好きだとしましょう。
待ち伏せておいて、その子が帰ってきても何もしない。
電話をかけても何も言わない。
これでは気持ちなんて伝わるはずがありません。
気味悪いという感情だけが増していくでしょう。

家の前まで行く勇気があるのなら、電話をかける勇気があるのなら、
もう一歩だけ進むことをしてみてはどうでしょう。
ストーカーから実る恋なんて聞いたことがありません。
つけ回しているだけじゃ物理的な距離は近づいても、
心の距離は遠ざかる一方。
むしろ犯罪者への距離が急接近してしまいます。

つけ回してるだけで満足、という性癖をお持ちの方。
あなたはよくても対象となっている子はたまりません。
そのままではいずれあなたが警察のごやっかいになるおそれもあります。
どうか性欲解消の方法を再検討されることをおすすめします。
何するにも、人に迷惑をかけちゃいけません。

さて、それじゃエロビデオ返却してきまーす☆
(独り身の非常に健全な性欲解消法です)

9月4日(木)

ものごっつ腹が減ってたのでコンビニ弁当と一緒に買ったUFO(大盛り)を、
食べようかどうか迷ってます。
お湯沸かすのめんどくせえ。

なんだか今日はいろいろなことを考えた日でした。
イマイチ書くことがまとまりません。
ひとつ言えるのは、考え方というのは本当に人それぞれだなあ、と。

そんなことより僕はいいかげん部屋の掃除をした方がいいと思います。
いつからやってないんだっけ。もう限界だろこれは。
風呂もトイレもやばいぞ。

とりあえずUFO食べるか。

9月5日(金) 「小指」その1

教習に行くためマンションの駐輪場を出ると、
突如として目の前に広がる光景。
踏切内で立ち往生する自転車と老人。
鳴り響く警報機。
それを救出する男性二人。
3人が踏切から出た数秒後に猛スピードで通過する特急。

二人は、一番前とその後ろの車の運転手だった。
おそらく、踏切に閉じ込められたのを見るなり飛び出したのだろう。
強い正義感もそうだが、素晴らしいのはその行動力だと思った。

もし僕が運転手だったら。
老人を見てすぐドアに手をかけられただろうか。
あるいは傍観者になってしまっていたかもしれない。
凄惨な事故の目撃者となっていたかもしれない。

事故。
見ず知らずの赤の他人ならまだしも、
自分の愛する人の身に降りかかる災難にさえ、僕は無力だった。

脳裏をよぎるのは、あの時の「事件」。

(つづく)

9月6日(土)

ボロ雑巾という言葉は、今の僕のためにある気がします。

朝っぱらから30分もチャリンコこいで教習行って、
終わって1時間ぐらい寝たらすぐバイト→日付変わるまで。
しかもやたらめったら忙しかったんですけどバイト。
もっさりカウンターに並んだ客を見てハンバーガー投げつけたくなりました。

とりあえずアレだ、もう2度と朝イチ(9:30)に路上教習の予約は取らねえ。
7割寝てる脳ミソを無理矢理フル稼働させて極度の緊張と集中を強いての運転。
終わった後の疲労たるやもう。もう。

昨日の続きはまたぼちぼち書きます。
いっぺん続きモノをやってみたかったんです。
とりあえず今日は限界が限界なので寝ます。寝ます。

9月7日(日) 「小指」その2

あれは3年前、夏の終わり、まだ残暑厳しいある日。

大学は夏休み真っ最中。
大学院生には夏休みなんて存在しないはずが、
お気楽な僕は部屋でのんびり。
横には、彼女がいる。

付き合ってもう2年以上。
これといったケンカもなくここまできていた。
安定している、と思っていた。
ずっとこんな日が続けばいい、とも思っていた。

一方で、
未だに彼女の気持ちがよく分からないという悩み。
いつか別れる日が来るのかもしれない、という不安。
もやもやしたものは常に心の中にあった。

それらすべてを抱え込んで、
愛を確かめたくて、
体を重ねる。

いつもと変わらぬ日常。

「もう帰らないと」彼女が言う。
アパートの外まで見送りに行く。
その日は弟の原付に乗ってうちまで来ていた彼女。
「気をつけてな」僕が言う。

いつもと変わらぬ日常。
ただひとつ、彼女が原付で帰ったことを除いては。

(つづく)

9月8日(月) 「小指」その3

夜遅くに、受話器を手に取る。

昼間に会ったばかりの彼女に電話をかけようとしているのは、
二人がどこかぎこちなかったから?
まだ話し足りなかったから?
その答えを確かめる意味も含めて、短縮ダイヤルのボタンを押す。

トゥルルル・・・
4回、5回・・・出ない。
「おかしいな」声に出して呟く。
7回目のコール音を最後まで聞いて、受話器を置く。

きっともう寝てるんだ。
いや、ひょっとしたら気付いてて出てくれないのかもしれない。
何か怒らせるようなことしたっけ。
明日になって別れ話でも切り出されたらどうしよう・・・

マイナス方向へと加速する思考。
ずいぶん長く付き合っているにもかかわらず、この有様。
急激に焦りと不安を募らせながら、身体を布団に投げ出す。
当然やってくるのは、眠れない夜。

ぐるぐるまわる想像の中、
浮かんできたもうひとつの可能性。
でもそれはすぐに打ち消す。
縁起でもないから。
「ひょっとしたら原付で事故・・・いや、まさか」

とりあえず明日また電話しよう、と自分に言い聞かせ、
電気を消して無理矢理目を閉じる。

(つづく)

9月11日(木)

ハラポネットジャック2発目は妄想リスペクトの篠崎さんに乗っ取っていただきました。
デザイン含め丸ごとジャックしてもらったわけですが、素敵すぎますコレ。
タイトルロゴからコンテンツのリンク画像まで作ってくれてます。
あのー、これ今後も使っていいですかね?

そしてきました、ハラポネット通うぞ宣言!
どうやらサイトは実物と違ってモテモテのウハウハです。
うらやましい。僕もハラポネットになりたい!(何かがおかしい)

篠崎さん、素敵なデザインと日記をありがとうございました。
わっしょい。

9月12日(金)

3日連続となりましたハラポネットジャック、3番手はHIROSEGmentの川崎十二番札所氏。
代打日記にもあるとおり彼は大学で同じ学部・学科でした。
ともに地質学を学び、ともに野外調査に出かけ、ともに岩石を叩き割り。
関西をはじめいたるところでハンマーを振りかざした環境破壊仲間というわけです。
地球学科というわりに全然地球に優しくなかった。むしろ虐待を繰り返してた。

上のように彼は時々撮った写真を見せてくれます。
大台ケ原は大学の天文同好会でも観測に行った場所。
青空も素敵ですが、星空もまた格別です☆
そういえば先日は火星と月が寄り添ってましたね。

コンテンツの画像はじめ凝ったデザインと日記をありがとう。
またいい写真できたら見せてねー。
わっしょい。

9月12日(金) その2

オッス、オラ無職で甲斐性無しの貧乏人!
数日ぶりの日記にテンションを見失ってるみたいです。

給料日だからといって散財してしまいました。
ボウリングとクレーンゲームあわせて4000円以上。
いや、賭けなんてめっそうもない。
ストライクで100円とかトップは500円とかありえない。
健全な青少年ですから。

それにしてもボウリング。奥が深い。
せめてコンスタントに100以上は出せるようになりたいものです。

遠くの雲の中でしきりに雷が光ってました。
昨日はバイト中激しく鳴っていたし(近所に落ちたそうです)。
こわいですねー。
雷に打たれて死ぬのだけは避けたいなぁって思います。
だって、宝くじに当たるより確率低そうじゃないですか?
そんな強烈な悪運いらない。

どうせ打たれるのなら!
僕は!
貴女の熱い視線で!
ラヴ・ビームで!
ノックアウトされたい!

そして突き刺さる冷ややかな視線たち。
僕の日記っていつもこんなんでしたか。

9月13日(土)

久々に飲んできました。気持ちイイ☆

近所のほか弁に行くと店員さんがめちゃめちゃべっぴんでして。
しかもお会計のときにぎゅっと手を握ってお釣りをくれたんです。
ひょっとしたらこの鶏ツナマヨ丼の袋の底に携帯番号のメモが入ってて、
べっぴん店員さんとラブラブファイヤーなバラ色の日々が?
なんて期待すら抱くはずもなく。

バイト中もべっぴんなお客さんを2人ほど応対しました。
3人のべっぴんに出会えたことで満足してます。
ああ今日はいい日だった、なんて思ってます。

そしてまた1日増える「彼女イナイ歴」。
そろそろ実家にお見合いを打診すべきですか。

9月14日(日)

真昼に自転車走らせてもさほど汗をかかない教習の行き帰り
相変わらず日差しはきついが風が幾分軽い
季節の変わり目はいつだってはっきり感じる
移りゆく様はアナログではなくむしろデジタル
その訪れを全身で味わいながら
これで27度目かなんて数えながら
空を見上げた

僕の中で今日 秋が来た

9月14日(日) その2

4度目となりましたハラポネットジャック、
今回のジャッカーはLastingBlueのみけさんです。

みけさんはデザインのみジャックということで、
日記はいつもどおり僕が書きました。
といっても、意識して違う雰囲気にしたつもりです。
なんだかジャックされているというよりは、
僕がLastingBlueをジャックしているように錯覚してしまいました。

ハラポネットを通じて最初に知り合ったのがみけさんでした。
サイトのバナーを作っていただき、
今回のジャックでも素敵なデザインを提供してくれました。
いつもありがとうございます。たくさんたくさん感謝しています。
わっしょい。

9月15日(月)

祝!阪神タイガースセリーグ制覇!!

Mナンバー(まだ優勝せえへんのかナンバー)が2になってから、
ずいぶん足踏みした阪神。
優勝へのとてつもないプレッシャー。ちぐはぐなプレー。
ここまできておいて何故か募る不安。

今日のデーゲームも見てたら広島に2-0で負けてるから、
ああ今日の優勝も無いなって昼寝してたんですよ。

18時過ぎに起きたら。
赤星のサヨナラって。
そりゃないよ。

まぁリアルタイムで胴上げ・公式インタビューは見れたのでよしとしようか。
待たされた分の感動はひとしおでした。

おめでとう。そして、感動を、ありがとう。

9月16日(火)

第5弾となりましたハラポネットジャック。
今回乗っ取っていただいたのはJET戦兵のケノさんです。
わーい見事な「せんべい味」。
ん?この日記どこかで見たような・・・
ていうか出会いは30年前ですか。二人とも今何歳ですか。

存分に笑わせてもらいました。
ケノさん、素敵なデザインと楽しい日記をありがとうございます。
わっしょい。

9月17日(水) 「小指」その4

一夜明けても、彼女の携帯は一向に応答が無い。
これはいよいよ事件だ。

彼女の友人に連絡してみるか、
それとも直接家に電話してみるか。
・・・もしそこまでするほどのことじゃなかったら?
それに家に電話したところで、僕は彼女の親と一切面識がない。

携帯に出ない。
言ってしまえばただそれだけのこと。
だが、いつでもどこでも連絡が取れる便利さゆえに、
その事態によって一層つのる焦燥感。

きっと彼女はヘソを曲げて出ないのだと思いたかった。
いや、この時点では多分にそう思っていた。
彼女の身に何かあったなんて考えていなかった。
考えたくなかった。
考えまいとしていた。

しかし、嫌な予感というのは的中するもので。

張り裂けそうな胸騒ぎを抱え、またひとつ夜を越し、
電話が鳴ったのは翌日の晩。

「・・・今、どこにいると思う?」

彼女は、病院にいた。

(つづく)

9月17日(水) その2

教習第2段階も折り返し地点。
今日は縦列駐車と方向転換。
あと2時限こればっからしい。
うげえ。

予約しておいたB'zのニューアルバム「BIG MACHINE」を取りに行く。
バイトまでにどうにかひととおり聴くことができた。
ああ、この人たちは15周年を迎えてなお進化し続けるんだなあ。
稲葉さんの声を、松本さんのギターを、皮膚から吸収して血管に送り込む。
B'zの音楽は、確実に僕の栄養となる。

古代生物フィギュア付きお菓子「チョコラザウルス」の第4弾を1個買う。
過去3シリーズはコンプリートはしていないもののそこそこ集めている。
おかげでパソコンやラジカセのまわりに恐竜や三葉虫がウヨウヨしている。
今回当たったのは欲しかった「メガネウラ」。
翼開長70cmあったというラジコン飛行機並みの巨大トンボ。
こんなのが飛び回っていた石炭紀(約3億年前)。
生物が自らを実験台に試行錯誤の進化を繰り返していた古生代。
なんて素敵な時代。思いを馳せるだけでゾクゾクする。

さて、ニューアルバムを脳に焼き付くほど聴きこもう。
♪光のほうを見つめてく ボクらいつでも最新

9月19日(金)

ハラポネットジャック6発目、アルパイル氏に乗っ取ってもらいました。
んーシンプルなのにオシャレ。こーゆーのいいですねえ。
氏のイメージ通りヨーロピアンな雰囲気が出ていると思います。
トレビアーン。

素敵なデザインと日記をありがとう。
わっしょい。

9月19日(金) その2

バイトが久々にお昼(10:00→19:00)のシフトでした。
行く前はもう眠くて眠くて。
バイト中はとにかく動き回ってて大丈夫だったんですが、
終わった途端に襲ってくる強烈な眠気。
そりゃまぁ寝てないしなあ。

今日はHさん(脳内ハニー)に会えたのでいい日でした。
うん、いい日でした。

20日は静岡でB'zに会って野性のENERGYをもらってきます。
IT'S SHOWTIME!!です。
平たく言えばLIVEに行くんです。
朝早くバスに乗るので睡眠取っておきたいんだけど、
興奮して眠れそうにありません。
バスで爆睡だなこりゃ。
バスで爆睡。早口言葉みたいですね。
更新してる時間あるならちょっとでも寝ろって話ですね。

こんなグダグダな日記をさらして22日まで留守にします。

9月22日(月)

ハラポネットジャックのラッキー7。
今回はchemical*changerの美夕さんに乗っ取ってもらいました。
わーいピンク。

んーいい歌詞ですね。
詞には多かれ少なかれその人の内面が反映されていると思うのです。
臆することなく内面をさらけ出せる強さ。

そして今日はLIVEに行ってるそうで。
いいですよねーLIVE。僕もおととい行ってきました。
生の迫力。生の快感。イってしまいそうになる。
やっぱり生が最高ですね。生じゃなきゃイけない。
ええとLIVEの話ですよ念のため。

美夕さん、素敵なデザインと日記をありがとうございました。
わっしょい。

9月22日(月) その2

へっくし!
まったくこの国は寒くなるたびに僕に風邪をひかせようとするんだから。
少しはいたわるといいと思います。特別保護法とか作って。

ていうか風邪ひいたのは9割方LIVEのせいですが。
まぁ早いうちに旅行記&LIVEレポート(B'zファン必見)書きたいと思ってます。

朝:教習、昼or夕方から夜:バイト、深夜から明け方:ネットという生活。
明らかに睡眠不足なのにこの生活に適応しつつある僕は病んでますか。
でも、いつかツケがまわってきそうだよなぁ。

今日はバイト先に偉いさんがきてました。視察に。
店内で食事されてたので緊張しつつ働いてると、おもむろにこちらに接近。
ひぃっ、ご、ごめんなさい!
「セールスの厳しい中、色んな取り組みをされてるようですね」
へ?あ、ありがとうございます!お褒めの言葉でした。
さらに僕の接客・応対もほめてもらっちゃいました。てへ。

でもどうせほめてもらうならあんなむさ苦しいオッサンじゃなくて、
Hさん(脳内ハニー)に頭なでなでしてほしいなあ。
ご褒美のキスならもう死んでもいいかも。

結局Hさんネタに走ってしまいました。そして今夜も妄想の世界へ・・・

9月26日(金)

ハラポネットジャック9発目。
今日はマグロの中落ちのぎんたさんに乗っ取ってもらいました。
背景の錠前がいい味出してます。

って、僕らの出会いですか?
もう、ひどいネタふりするなあ。
あの時のことはお互い墓まで持っていこうって誓ったじゃないですか。
そんなわけで残念ながらお話するわけにはいきません(ニヤリ)

ぎんたさんにはジャック・ハラポナイズ・オフのすべての企画に応募していただきました。
いわばfestival完全制覇です。パーフェクトにコンプリートです。
もう感謝の言葉もありません。足を向けて寝れません。

祭りを盛り上げていただきありがとうございます。
そして今日は素敵なデザインと日記をありがとうございました。
わっしょい。

9月27日(土)

ご、ごめんなさい!(土下座)

ハラポナイズ。
応募サイト様のトップページをハラポネット風にするという企画。
僕がデザインしてタイトルロゴも作ります!とか言っておいて、
応募のあった13サイト中3サイトしか完成していないってどういうこと?
あとわずかで9月も終わるというのに。

バカバカ、オレのバカ!と叫びながら今必死で作業してます。
ほとんど手をつけてない夏休みの宿題を最終日にやる気分です。
小学校からこれっぽっちも進歩がないみたいです。

これほど追い詰められてるのに、25日はバイト後に徹夜麻雀とかしてました。
僕の人生後先考えず楽しそうなこと優先です。
おかげで26日朝の教習に寝過ごし、その後のバイト(12時-21時)もフラフラでした。

そんなわけで今日中には残りすべてのサイトにファイルを送付したいと思ってます。
いや送付します。なんとしても。
がんばります。本当すみません。


since 2001.09.30 produced by harapon