2008年09月


2008年09月01日(月)

9月。秋。

食欲(なか卯)の秋。

読書(エロマンガ)の秋。

芸術(エロゲ)の秋。

この現代日本において俺ぐらい秋を満喫する予定の人間も珍しいんじゃないかな。と自画自賛。

エロゲが芸術てどうなの、とか無粋なことは言わない約束だゾ☆

2008年09月02日(火)

【お題】いたたまれない

夜勤明けに日本橋のなか卯でメシ食ってると9割以上の確率でエンカウントする客(オッサン)に、数分後とらのあなでも会ってしまった。コイツ…もしや同類(オタク)…!

2008年09月03日(水)

うちの国は総理大臣が突然辞めるって言ったり、よその国はあっちもこっちも紛争だらけだったり、この星は至るところ異常気象だったり。どーなる日本、どーなる世界、どーなる地球。もうダメかもわからんね、なんて暢気に思いながらも、俺は日本橋で初音ミクのフィギュアを予約してルンルンだったりと相変わらずな日々。こんな時でも、いや、こんな時だからこそ、自分ができることを、自分がやりたいことをやって、些細なことに楽しみを見出して暮らすのがいいかもしれないね。なんかいいこと書いてるように装ってるけど、実際「今日は初音ミクのフィギュアを予約したお!はやく届かないかなーwktk」って言いたかっただけだからね。ちなみに現在予約してるフィギュアは5体。今うちにあるフィギュアは10体以上。いよいよ置き場所がなくなってきた。専用棚欲しいなー。

2008年09月04日(木)

ついに財布のファスナーが完全にぶっ壊れてしまい、小銭入れの部分が閉められない。硬貨だだ漏れ。こうなったら一刻も早く新しい財布を買いたいところなんだけど、エロマンガやフィギュアを買うのに精一杯で、財布に回すお金が捻出できないんだよなー。困った困った。どうしたもんか…。

え? 俺今何かおかしなこと言った??

2008年09月05日(金)

新しい財布を買う決心をしたものの、何処で買おうか悩む。思えば、今まで使ってきた財布って妹やら彼女やら母やらのプレゼントばかりで、自分で財布買ったことがないような気がする。とりあえずなんばの無印では財布自体が売ってなかったんだけど、ええと、財布って何処行けば売ってるの?(割と真顔で)

2008年09月06日(土)

夜勤終わって帰ってきて寝てたら土曜日が終了していた件。半日寝てたー! せっかくの連休初日なのに…あんまりだ…。

2008年09月07日(日)

B’z LIVE-GYM Pleasure2008 GLORY DAYS at神戸ユニバー記念競技場 行ってきたー!

好きな人と行けなくなって、母も妹も厳しいというからどないしよーと焦ってたところ、mixiで急募かけてB’zファンなインターネッツ男子が手を挙げてくれたのでチケット無駄にならずに済んだ。やっぱりせっかくならB’zが好きな人と行きたいもんね。それが20周年のメモリアルなLIVEならなおさら。

内容はこれぞPleasure、皆が聴きたいと思う曲ばかりをまさにノンストップでMC極力省いてひたすら演奏してくれるという驚きと感動の連続。20年目にして衰えを知らないどころかより洗練されてきたB’zの二人のパフォーマンスとスタミナにも驚愕。ファンに嬉しい小ネタも用意されてたり。本当に参加できてよかった。お疲れ様、ありがとうB’z。

B’zがデビューして数年後から今まで十数年、ずっと追いかけてきたからこそ今の俺がある。思考、感情、性格、生活、人間関係に至るまで、B’zと出会っていなかったならいずれもこうはなっていなかっただろう。B’zの音楽はもはや俺を構成する必要不可欠な要素であり、彼らが在り続ける限り、共に歩んでいきたい。そう、これからも。

2008年09月08日(月)

LIVE疲れと寝不足とその他もろもろで仕事中ずっとシャレにならないくらい眠かった。それはもう眠かった。ヤバかった。寝る。もう寝る。

2008年09月09日(火)

6時間寝たらわりと元気になった。眠いけど。

会社の健康診断の予約をしないといけない。採血がやなんだよなー。注射こわい。

足指の先にマメが次々と。なんだなんだ、歩き方が悪いのか。靴のせいか。

明日は休みー。予約してた初音ミクのフィギュアを買いに行くぜい。

2008年09月10日(水)

【お題】金銭感覚

世間とのズレうんぬんはともかく、5000円の同人誌を躊躇なく買ってしまう俺はいろんな意味でヤバいのは間違いない。

2008年09月11日(木)

オフ会に行って。コンサートに行って。金の許す限りエロマンガやエロゲやフィギュアを買って。1日中エロゲやったり、1日中フィギュアを撮影してたり。仕事はとても楽で。休日の合間に仕事をするような感覚。そんな生活が始まってかれこれ1年半。ああ、なんという幸せだろう。こんな日がいつまでも続けばいいのになあ。

2008年09月12日(金)

嘘ばっかり。全てを失って、何もかもを諦めて今の暮らしに「逃げて」、好きなこと楽しいことだけを繰り返していくら幸せなんて言い聞かせても、俺自身がそれを受け入れられるはずがない。全部捨ててしまった跡に、俺を構成する要素なんてひとつも残らないのだから。今流れている時間は、これまでの俺を否定し続けている。ずっと抱いてきた夢が希望が憧れが、絶望的に届かない位置に離れてもなお、真後ろから首を絞め苛み呪う。ああ、なんという地獄。いつか壊れるまで、一生苦悶にまみれてのたうち回る。

2008年09月13日(土)

発音が同じ、文字に書いても同じ言葉でも、それに込める意味も思いも人それぞれ。恋人同士の男女がいて、互いに「好きだ」と言い合っても、それに乗せた愛情が完全に一致することは、ない。時を重ねるほどに募る想い。時を重ねるごとに積み重なるズレ。それでもなお、恐れに勝る気持ちをぶつけ合うのが恋愛なんだろう。誤解に怯えて口を閉ざしたところで、待っているのはより深い溝。そんな簡単なことにも気付けなかった、もうはるか遠い、みっともなくも眩しい過去の残像。今だから言える言葉。今となっては言えない言葉。

愛してる。

2008年09月15日(月)

昨日はインターネッツと飲むために近鉄特急で名古屋へ。せっかくだから少し早めに行って名古屋オタショップ巡りを堪能して、夕方からぎんたさん、ロボさんと3人で飲んで、2次会はカラオケ。終電なくなったので漫画喫茶で途中まで読んでたマンガを最終14巻まで読了。何かと有意義に過ごせたよ。付き合っていただいたお二方、本当にありがとうございました。またいずれ。

そして3連休も今日で終わり。あっちゅーまだったわー。よーし、締めくくりにエロゲをクリアしとくかー。

2008年09月16日(火)

3連休直後の13時間労働。疲れてはいないけど、眠いわー。でも身体が眠りを欲するというのは結局疲れているということか。ふむ。

…はっ、いかんいかん、日記のネタ考えてたら寝そうになった。今日のところはもう寝るべ。

2008年09月18日(木)

「ぼくの ゆめは がくしゃに なることです」

図鑑ばかり眺めていた子供。テストで満点以外を取ることが珍しかった小学生。常に成績上位にいた中学生。そのまま県内トップクラスの進学校で優秀クラスに入り、変わらず抱き続ける夢を叶えることに少しの疑いも持たなかった。

高校で状況は一変した。自分と同程度かそれ以上の成績ばかりのクラスメイト。難解な問題集、ハイレベルな模試。自分より遊んでいながら自分より勉強のできる友人。少しずつ罅が入る自信とプライド。それでもどうにか3年間優秀クラスに踏みとどまり、担任にも恵まれたおかげで、紆余曲折を経て大阪の国公立大学の地質学関係の学部に入学。夢に、手がかかった瞬間。

大学でタガが外れた。一人暮らしで羽目を外し、バイトに明け暮れ、サークルに入り浸り、恋愛に溺れた。授業にはついていけなくなる一方で、かろうじて単位を取り、ギリギリで卒業研究をこなし、大学院に進学、成績上位で奨学金も獲得。修士の肩書きと、彼女と、夢と。全てがこの手にあった。

大学院で見失った。担当教官に与えられた研究課題に意義が見出せず、研究室からみるみる足が遠のいた。フリーターと大差ないバイトだらけの生活。彼女に愛想をつかされたのも当然。留年の末に院をリタイア。夢も何もかも手からこぼれ落ち、プライドは音を立てて崩れ去り、奨学金という莫大な借金だけが残った。

長年アルバイトしたファーストフード店を辞めてふらふらしていたところを呼び戻され、社員登用。遅すぎる社会人デビューは、夢と全く関係ない職業だった。過酷な労働環境と人間関係の軋轢によりわずか2年で退職。完全に全てを失ったこの時、自分という構造物は一度木端微塵に壊れた。ニートを数ヶ月経験した後に偶然ありついた今の仕事は、やはり夢とは似ても似つかない。

社会人になってからも、新聞で恐竜の記事があれば切り抜き、化石の博覧会があれば大阪近辺だろうと東京だろうと出向き。自ら手が届かないところに転がり落ち、もはや絶望的に叶わないのに諦められない、どんなに自身が変わっても、たったひとつ変わらない、稚拙で、非現実的で、けれど眩しく輝き続ける、それこそが。

「僕の夢は古生物学者になることです。」

2008年09月19日(金)

え、台風もうどっかいったん? 俺の田舎もそうだったけど、大阪も台風被害ってめったにないよね。いや、ありがたいことなんだけどさ。暴風や豪雨にワクワクするのって不謹慎だと分かってはいるんだけどさ。

それにしてもまだまだ蒸し暑いなー。汗だくだく。

痴漢はダメ・絶対だけど視姦はバレなきゃいいですか。おっぱいとか尻とか服の上からだったらガン見しても大丈夫ですか。その映像を脳内変換してあんなことやこんなことしてもおkですか。ダメですかそうですか。ケチ。

リアルに巨乳メガネっ娘とか目撃してしまったらたまらんよね。イイ!

来月のシフトもらったら21時間連続拘束とかあって、これが噂のナントカハラスメントかっ…!とか戦慄(ガクブル)してたら単なる間違いだった。まあ何度も言うけど前の仕事より過酷な労働条件ってそうそうないから、もし21時間とか本当にあっても余裕だけどな。

B’zの20周年記念ベストアルバム「ULTRA Treasure」に付いてたDVD(シークレットLIVEノーカット収録)があまりに素敵すぎてこれぞまさにお宝(Treasure)だった。こうして更新中もB’zをヘビロテ。

ああ、巨乳はもちろん好きだけど微乳も大好物ですよ?

2008年09月20日(土)

うちの職場はどんなにヒマでも定時しか許されなかったのに、今日に限って定時より3時間も早く帰れたのはどういう風の吹き回しなんだか。いや、嬉しかったんだけどさ。

さて、月イチのネットラジオも無事終えたし、どうすっかなー。結局なんだかんだでエロゲも放置してるし、雑誌の読者アンケートハガキもたまってるし、先月買ったドラマCDも聴いてないし…。あー、1週間ぐらいの休みが欲しいわ。

2008年09月21日(日)

祝、B’zデビュー20周年!

今日は一日中引きこもっていたというのに、晩飯食おうと近所の定食屋に行った時に狙ったようにピンポイントで冗談みたいな大雨が降ってきて。止むのを待たずに出たんだけど、うちまで走って30秒ぐらいなのに、その間だけで何処の川に落ちたんですかってレベルでずぶ濡れになっちゃって、なんだかやたら笑えた。あそこまで徹底的に濡れると気持ちいいね。まあ自分が濡れるより薄着のキレイなお姉さんが濡れて下着透けてたりするのを眺める方が圧倒的にハッピーだけどな!

2008年09月22日(月)

他人の人生に口出しできるほど自分に余裕はないけれど、他人の窮地に平然といられるほど腐ってもないように。

期待してるぐらい俺のことを気にしてくれてる人なんて多分いないけれど、絶望するぐらい誰もが俺に無関心ということもないんだろう、きっと。

2008年09月23日(火)

マンガとゲームを売って給料日前の金欠をしのぐ31歳。思いのほか高値で売れたのでクレジットカードに頼らずに乗り切れそうだぜ。エロマンガも買えちゃったぜ。調子に乗って財布も買っちゃったぜ。ダイソーで税込315円だけどな。ブランド?なにそれ?おいしいの?

2008年09月24日(水)

1時間少々しか寝てないのは自業自得として、朝7時出勤の13時間労働だし、しかもめちゃんこ忙しいし、片頭痛ズキズキくるし、おなかもいたいし、財布には74円しか入ってないし。こうなったらもう半分が優しさで出来ている薬でも飲んでおとなしく寝るよ。美女のおっぱい揉めたらぐっすり眠れそうなのになあ。吸わせろとは言わないから、2回、いや、3回でいいんだけどなあ。無理だよなあ。ああ。

2008年09月25日(木)

左足がつったために起きるという最悪の朝を迎え、なんだか悔しいので無理矢理寝てたら、今度は右足がつってしまい、もう完全に目が覚めた。なんだよー、もうちょっと起こし方ってもんがあるだろうがー。とかぼやいても独り。

2008年09月26日(金)

23時からネットラジオでハラポネット7周年記念放送をしてたんだけど、わりと突然にもかかわらず最大7人ものリスナーに聴いていただき感謝。2時間があっという間で、楽しくしゃべれました。ここハラポネットの7周年記念なのにサイトで告知できなかったのが心残りではあるが…まあまたやりますよラジオ。

しかし夜急に冷え込んできたなー。みんな風邪ひくなよー。って俺か。気温の変化にめっぽう弱いのよ…。

2008年09月29日(月)

金曜の日記で「みんな風邪ひくなよー」なんて書いておいてから2日ほど更新が途絶えたけど、そういう自分が発病フラグとかじゃないから。どうにか風邪もひかずに生きてるよ。ただ25日から夜勤シフトになって以来、どうにも体内時計が不安定で…すっかり身体が昼型に適応してしまったのかもしれない。人としては非常に健全なんだけど。出勤→休み→出勤→休みという楽なシフトにもかかわらず、仕事から帰ったら眠くて眠くて、更新せずに寝てしまったというのが真相。ああっ、眠らずに生きられる身体もしくは一日を48時間に増やせる魔法が欲しいっ…!

時間が増えたら何をするかって?エロゲに決まっておるじゃないかキミィ。愚問だな愚問!

2008年09月30日(火)

今日でこのハラポネットを始めてから丸7年。

過去は振り返れば後悔がない事の方が少なく、特に高校・大学時代の若さゆえの過ちでは到底片付けられないような大失態の数々は未だにタイムマシンがあるならばやり直したいことだらけで、もし今の俺が当時に戻ればいくらかうまくやれる自信はあるけれど、あの年齢だからこそ出来た事が、現在の自分が再挑戦しても絶対出来ない事が、きっとあったんだと思う。

このサイトでも恥ばかりを曝し続け、時には感情にまかせて人生を左右するような不用意な文章を書き殴ったりもした。しかしながら多くの出会いと繋がりと楽しい時間をもたらしてくれたのもこのサイト。開設当初に身内向けに細々とやっていた時こそ書けた日記が、企画にオフ会にラジオにスク水に華やかだったあの空気でこそ書けた文章があったはず。そして、半ば廃墟と化したここで、今だからこそ綴れる言葉が、きっとあるから。

このサイトを通じて関わった全ての方に感謝を。今も閲覧してくれている方に愛を。ありがとう。ありがとう。ライフワークと心に決めたハラポネットは8年目のスタートを切りました。どうぞよろしく。