2008年12月


2008年12月01日(月)

しんどい。風邪かな。風邪だろうな。インフルエンザではないと信じたい。昨晩はあまりの頭痛にエロゲする気力も奪われ布団の中へ、今は頭痛は止んだものの熱っぽさとだるさのためにエロゲもフィギュア撮影もできないでいる。なんてこったい。今の俺にできることといったら布団の中でエロマンガ雑誌読むぐらい。ああ、せっかく時間があるというのに。満足に動かないこの身体が恨めしい。

うん、おとなしく寝る、なんて選択肢は最初から存在しないのであしからず。今夜の夜勤はハードなのに大丈夫かしら。身体動かしてるうちに元気になるってこともあるよね。ね。

2008年12月02日(火)

恐れるものなど何ひとつなかった青い日々。

なんてことだろうか、ほんの数年を経ただけなのに、今では何もかもが怖い。

いたずらに流れる時間が。

自分の将来が。

夢や希望が。

愛や情が。

孤独が。

衰えが。

この世界が。

死が。

あらゆる、すべて、怖くて怖くて怖くてたまらない。

臆病になる。怯える。震える。蹲る。

視界は閉ざされ、頭を抱えてガタガタと。

救いを求めて手を伸ばす考えには決して至らない。

立ち向かえ、ない。

2008年12月03日(水)

エロマンガ雑誌の表紙がサンタコスプレ女子で埋め尽くされる季節になりましたが皆さんゴキゲンいかがですか。僕は相変わらず変態です。

…という冒頭の挨拶だけ思いついたものの、日記の内容がイマイチ浮かばないので今日はここまでなんだぜ。

2008年12月05日(金)

昨日の夕方から今朝までしこたま寝て、起きたら体調最悪だった。ぐっすり寝たのに逆に体調悪化てどーゆーことよ。

…という感じの日記を書こうと思って出勤直前まで忘れていた。体調は依然として回復せず。ああ…傍らに黒髪メガネ巨乳メイドさんの幻覚が見える…。嘘、そんな幸せな幻覚とかビタイチ見えない。ただ単にしんどい。めちゃくちゃしんどい。いやもうくちゃくちゃだ。くちゃくちゃしんどい。でも今から夜勤。しかも今夜は忙しい日だ。ウボワー仕事行きたくねえー。でも行ってきまふ。

2008年12月06日(土)

去年に年賀状送ったら宛先不明で戻ってきた、という話を聞いた。あちゃー、そっちもか。ここ数年で何人もから言われた。他にもメール届かないとか電話かからないとか。なにしろ大阪に住み始めてから今の住所で4つめ。大学ドロップアウトして皆と疎遠になってから携帯番号もメアドも変更して、しかもそれらをほとんど誰にも通知しないままにしておいたもんだから、あちこちで音信不通状態。家族以外で俺の住所・携帯・職場を全て把握してる友人って、おそらく誰もいない。そんなんでもあんまり心配されないのは、こうして日々ネットで生存報告してるからというのもあるかもしれんね。

それはさておき、今夜は職場の忘年会、2次会も参加してそのまま夜勤へGOという強行スケジュール。体調は、もちろん回復してない。いやっほう!

2008年12月07日(日)

酒を一滴も飲まないままに皆のはっちゃけた姿を眺める昨晩の職場忘年会も面白かったけど、その後夜勤の休憩中に同僚としたオタトークの方が非常に熱くて楽しかったんだぜ。

風邪VS俺。頭痛のターン・熱とだるさのターンが終わり、今度は涙と鼻水のターン開始。まあ諸症状がいっぺんにこないだけありがたいけど、キッチリ順番にくるのもなんだかなあ。

また一段と寒さレベルを上げてきた冬将軍。今日無印で注文しておいたコタツ布団が届いて、この冬を乗り切るための強力な援軍がスタンバイ完了。部屋では布団の中以外だと常にPC前にいるので膝かけとか足下用ヒーターとかも欲しいところやね。本日の暖房は24度・風速強。

2008年12月08日(月)

人との繋がりを疎ましく思いながら。それを避けながら。遠ざけながら。

こんなにも人に見られたがっている。気にして欲しいと渇望している。

酷い矛盾。

2008年12月09日(火)

12月といえば師走。師走といえば年の瀬。年の瀬といえば年末。年末といえばおっぱい。あれ、間違えた。おかしいなあ、途中まで完璧だったのに。ともかくあれだ、大掃除のシーズン到来なわけだ。俺的にはおっぱいのシーズンに是非到来してほしい所だったが。で、今のマンションに引っ越してから人生最大級に片付けをしてたくさん物を捨てたり売ったりしたものの、まだまだ片付ける余地はありまくりまくるわけで。イベント関係は全然気にしない俺も大掃除だけは別で、やはり新年はスッキリサッパリした雰囲気(ちゃんと変換できてる)で迎えたいなあと思わなくもないのであるよ。しかしながら現段階で読んでいないマンガとかクリアしていないエロゲとか撮影していないフィギュアとかが割と山積みっぽくてこれらを消化しないことにはニンともカンとも。じゃあ消化したら大掃除に移行できるのかというと、今月発売のマンガやらフィギュアやらDVDやらゲームやらがわんさかあるのでこれらも買った端から消化したいところ。今あるブツを消化、その間にも新発売のブツをサクサク購入、また消化、また購入…ありゃ困った、この調子だといつまでたっても掃除なんて出来ないじゃないのさ。一体どのタイミングで始めればよいのやらさっぱり。え?新しいのを買わなければいいって? そんな、選択肢は、最初から存在しない。じゃあナニか、お前は俺にオタアイテムを買うなと、すなわち息をするなと言うか!俺の生きがい、いや、存在意義を奪って楽しいか!その代わりに俺におっぱいのシーズンでも用意してくれるっていうのか!慎ましいサイズからボボーンな巨乳まで各種取り揃えてくれるってのか!どうなんだおいこら!

ちなみに俺、年末に大掃除なんてやったことないけどな。さて、エロゲやろうっと。

2008年12月10日(水)

少し前から、意識して「死」「殺」の二文字をなるべく使わないようにしている。年を取って、といってもまだ三十そこそこだけど、死というものが現実味を帯びてきたからかもしれない。みだりに発していい言葉じゃないと思うようになった。俺はまだ死にたくないし、誰だって死にたくないと思うから、誰も殺したくない。ネタでも冗談でも避けるよう心がけている。「殺すぞ」だの「死ねばいいのに」だの、言うのも書くのも気分がいいもんじゃない。どうしてもそういう感情が沸き起こったなら、代わりに「しばくぞ」だの「転べばいいのに」だの表現を和らげてみてはどうだろう。「おしっこかけるぞ」「うんこ踏めばいいのに」なら相手へのダメージはむしろ大きくなるに違いない。単に「うんこ!」と叫ぶだけでもそれなりの効果は得られるはずだ。「ドコサヘキサエン酸!」「モホロビチッチ不連続面!」などの単語を叫んで相手を混乱に陥れるという手もある。いっそ「おっぱい揉みたい!」とか絶叫して感情のベクトルを急ハンドルで自分でもよく分からない方向へ持っていくのも…いやそれはないな。あれ、なんか最初は真面目な話だったような気がするのに、いつのまにかおっぱいとか書いてるのは何故かしらん。

2008年12月11日(木)

夢に出てきた昔の彼女。その横で笑う僕。いまさら未練はない。ただ、寂しいだけ。誰かそばにいてほしくて、でもそんな「誰か」はいなくて、具体的な「カタチ」を昔の彼女に置き換えてしまっただけ。余計に寂しさを募らせるだけの、そんな僕の他愛ない夢。いつまでも、醒めない。誰も、起こしてくれない。誰にも、起こしてほしいと、言えない。

2008年12月12日(金)

昨日夜勤から帰って、寝て、夜に起きて、さあこれからエロゲでもするかーと思ったけど、あまりに眠くて結局また寝てしまった。うーん、なんだったんだあの眠気は。やっぱり体調悪いせいかしら。身体が睡眠を求めてるのかな。そんなわけでエロゲはできなかったけど、今日は朝からエロマンガ雑誌の読者アンケートハガキ書いて、コートをクリーニングに出してきて、洗濯して、天気よかったから布団干して、昨日届いたバニーハルヒのフィギュア撮影して、ウラポネット更新して、新しいコタツ布団出してコタツセッティングも完了。そこそこ充実した時間を過ごしたよ。さあ、今夜の夜勤が終われば土日は連休だー。

2008年12月13日(土)

夜勤から帰って、ちょっとだけ寝るつもりが、起きたら夜。なんか休みを迎えるたびにこのパターンだなあ。きっと体調が全然本調子じゃないから身体が休息を欲してるんだろうなあ。でも今日はまだ更新もできたし、今から活動するだけの気力はあるのでレッツエロゲタイムなんだぜ。なにしろ今年最後の連休だし。エンジョイしなきゃねー。

2008年12月14日(日)

13日夜:14日に日付変わってから3時頃までエロゲ

9時前起床

エロゲ起動

昼飯

エロゲ

18時頃仮眠

20時半起床、晩飯終了<いまここ

 

 

そんなわけで、貴重な連休最終日は寝る・食う以外はずっと引きこもってエロゲのターン。素晴らしい。マーベラス。なんという贅沢。なんという至高の休日。あーいいなあ。毎日こうやって過ごせたらいいのになあ。働きたくないなあ。外に出たくないなあ。あー。うー。

はい皆さん、こちらに見えるのが哺乳類霊長目ヒト科ヒッキー属廃人ですよー。オタウイルスとか伝染すると危険なのであんまり近寄らないでくださいねー。ってうつるかぼけー!

エロゲがいいとこで中断してるので、こうやって日記書いてるヒマがあるなら少しでも進めておきたいんだけど、今夜は22時からねとらじの予定なので今から準備だ。本当はラジオとかどうでもいいんだけど、予告してある以上やらないとなー。あー続きやりてえなー。あー。…本気で廃人かよ、俺。

2008年12月15日(月)

はいはいエロゲでマジ泣きしてる31歳が今日もくだらない日記書きますよ。再来月には32歳だっつーの文句あるかコラ。佐々美は俺の嫁、そこは譲らん!

数日前から手のひらに異常に汗をかく。昔からたまーにこういう状態がしばらく続いたりするんだけど、やっぱり体調と関係あるのかしら。しばらくするとおさまると思うんだけど、何かと不便なのよねこの症状。変な病気とかじゃないよな。先生、大丈夫ですよね?実は余命数週間とか言わないですよね?あの花びらが全部散ってしまう頃、僕の命も…なんて古典的なドラマ展開ないですよね?え?そもそも冬だし花なんて全部散ってる?ですよねー。

まあ縁起でもない冗談はさておき、ネットで調べてみますかね。今はGoogle先生とWikipedia先生がインターネッツでなんでも教えてくれる便利な時代だし。

2008年12月16日(火)

職場で空き時間にスクワット数十回やっただけで太腿がえらい筋肉痛な31歳超運動不足趣味引きこもりの正体は何を隠そう俺。夜勤はけっこう空き時間多いから、スクワットだけじゃなくて腹筋とか腕立てとかもしようかしら。でも続けないと意味ないよなー。筋肉は使わないと衰える一方だと思うんだ。通勤中に徒歩の時間が多いのは面倒だけど運動不足解消には一役買ってると思うんだ。別にマッチョを目指してるわけでもなんでもなくて、ただ、中年太りが、お腹が出てくるのが、怖いだけなんだ。

2008年12月17日(水)

夜勤終わって、日本橋行ってマンガ買って、帰って、マンガ読んでるうちに寝て、起きたらもう18日朝だったという。晩飯代浮いたラッキー、とかそういうノリでいいのかしら。うーん。腹へったなあ。

2008年12月18日(木)

尊敬も称賛も恋慕も好意もいらない。

憐憫や誹謗や侮蔑や嘲笑でいい。

道化であり続けて構わない。

孤独を気取っていても。

きっと心のどこかで見ていてほしいと願ってるんだ。

誰にも見向きもされなくなってしまったら、僕は、もう。

2008年12月19日(金)

セックスも、キスも、抱擁も、言葉も、笑顔も、眼差しさえも、いらない。

気持ちだって、この際、必要じゃない。

ただ、手をぎゅっと握ってくれるだけで。

今の僕なら、泣いてしまうかもしれない。

2008年12月20日(土)

いや、セックスしたいかしたくないかと訊かれたらそりゃあしたいと答えるよ。答えるけど。別におっぱい揉むだけでも十分満足できると思うんだ。おっぱいはとても、非常に、すごく、揉みたいね。揉みしだきたいよね。挿入して前後運動するよりも、まさぐりまくりたい。あと舐め回したい。ずっとそればっかりでも全然飽きない。ちょう楽しい。

でも。それが叶わないから、今夜も独り、自らのチンコを握るんじゃないか。そうだろう。そうなんだよ。オナニーが好きなんじゃない。オナニーしか選択肢がないんだ。分かるかなーこの悲哀。

そして俺がためらいなく下ネタを書いたりする時はすごく疲れてるのさ。おっぱい。

2008年12月21日(日)

人が誰かを想わなければ成り立たない存在だというならば。

僕が選ぶ対象は、僕。

あらゆる他人を心に留めず。

自分だけを嫌い、憎み、恨み、呪う。

ほら、こうすれば誰も傷付かない。

2008年12月22日(月)

仕事帰りに近所の定食屋で晩飯中、近くの席の男性に店員(研修生)がメニューを出し間違える。研修生が気付いたが、客は何も言わずに食べ始める。別の店員が謝りに行くが、客(若いのにえらく気のいい兄ちゃん)は「いいよいいよー」と言って気にしていない様子。

ここで、もし俺が店の責任者だったらこれからどうするかをシミュレート。客が間違えたメニューで了承している(しかも食べ始めている)以上、無理に下げて正しいメニューを出すのも逆に失礼だろう。間違えたメニューが正しいメニューより安い場合、差額を返金する必要があるな。キレて怒鳴り散らす客はもとより、文句ひとつ言わない客にこそ誠意をもって対応するのがカスタマーリカバリーの重要なポイント。万全を期すなら店長(もしくはその場での最高責任者)直々に謝罪した方がいいよな。実際出し間違えた店員と一緒に謝ればパーフェクトっぽい。

果たして定食屋の対応。間違えたメニューは正しいメニューより安かったようで、まず差額を返金。続いて店長(あるいはその時間の責任者っぽいオッサン)が謝っていた。出し間違えた店員の謝罪はなかったものの、ほぼ俺の解答どおりで満足。この店のクレーム対応はなかなか優秀なんじゃないかな。うん。

長年やった飲食業の経験、ちょっとは身についてるってことかなあ。もっとも、こういった判断を現役の時に冷静にやれてたら、今頃まだバリバリファーストフード店のマネージャーか店長やってたかもね。今だから、第三者だから見えてくる話であって。

2008年12月23日(火)

吉野家の3枚集めて並1杯無料になる券を確か2枚持ってて、キャンペーンが今日までのはずだからとわざわざ吉野家に行ったのに、よくよく財布見たら1枚しかなかったというアンビリーバボー。悔しいから別に持ってた50円引きクーポン使ったけど、この2枚の券はもう使い道のないままに捨てるしかないよなあ…。あーあ。

そして牛丼以外は朝にパン食っただけの今日。今からどん兵衛きつねうどんとパン食って寝る予定。休日のたびに激しく貧困な食生活を迎えるのってどうよ。でも1分でも長く引きこもってオタクライフを満喫したいしなあ。うーむ。

2008年12月24日(水)

この時期になると「クリスマス中止のお知らせ」という類の文言をよく目にする。その気持ちはよく分かる。だが待ってほしい。年に一度しかないクリスマスをそう簡単に中止にしてしまって良いものだろうか。中止にしてしまったがために今年もまたクリスマスのない1年を過ごしてしまったという虚しさが募るばかりではなかろうか。ここはひとつ、中止ではなく「延期」にするのはどうだろう。「今年のクリスマスは延期になったけど、来年こそは…」と少しはポジティブにならないものか。いずれ訪れる幸せなクリスマスを信じて。俺は今年のクリスマス「も」延期することをここに高らかに宣言しよう。だから、いつから延期し続けてるの?とか、これで何度目の延期?とか、そういう質問は控えていただきたい。この頬を伝う雫の意味が分かってもらえるのであれば。

実際のところ、今日という日が勤務時間の一番長いシフトでなおかつ今月最も忙しい超ピークだったおかげで、イブどうこう考える余裕も気力もなかったわけで。その点では良かった、のか?

そんなことよりも、昨晩寝る前にやってたPS2の格ゲーをセーブし忘れて大いに凹み、今もちょっと引きずってたり。せっかく進めたのに、またやり直しだよ…orz

2008年12月25日(木)

「サンタさん、おっぱいをください」と強く強くお願いしながら寝たのに、今朝起きても枕元には自分で買ったエロマンガ雑誌しかなく。しまった…美乳メガネ美人が入るだけの靴下を用意するのを忘れてたせいか…一生の不覚!

代わりに何処からかもらったクリスマスプレゼントは風邪。うえー超いらねー。ノド痛えー。みんな、寒さが厳しくなってきたらオナニーは足元をあったかくしてやらないと身体壊すゾ☆

2008年12月26日(金)

風邪でさすがにしんどかったので、今晩の夜勤にそなえて部屋でおとなしくしてたよ。あれ、よく考えたらいつもと同じやん。まあ寝てたらちょっとマシになった気がするし、エロマンガ雑誌の読者アンケートハガキもだいぶ消化できたし。外の寒さには参るけど。職場、遠いなー。あー。そーいや年賀状どうすっかなー。もらった分だけ出すにしても一応ネタは準備しておかないとなー。あー。そうかー、今年もあとちょっとかー。あー。

2008年12月27日(土)

【今日の一首】

核戦争 天変地異も 関係ない 君の最期が 世界の終わり

2008年12月28日(日)

夜勤明けで、風邪をまだ引きずっててノドも痛かったけど、明日から大晦日まで3日間はロングシフトで行けないことが確定しているため、チャンスは今日だけなので「通い納め」行ってきたよ。何処へ、だと? またまたー、そんなの決まってるじゃない、日本橋オタロードよ。最近は訪れる頻度もめっきり下がったけれど、いやーやっぱ最高だね。こう、ウロウロしてるだけで癒されるよね。勢い余って買う予定のなかったエロマンガとか買っちゃったけど、まあ少し早い自分へのお年玉ってことで。年末のハードワークを乗り切るための活力と考えようぞ。うむ。

2008年12月29日(月)

この年の暮れも押し迫った日の夜にコンビニでエロマンガ雑誌を一気に7冊も買っていく俺を一体どう思ったか店員にインタビューしてみたくなるよね。通常は月末〜月初にかけて順次発売されるのが年末スケジュールで29日に発売日が集中して、いつもはとらのあな等マンガ専門店で買ってるけど遅くまで仕事のため行けなくて仕方なくコンビニで買った、というのが真相なわけだが。え?お前は毎月7冊も買ってるのかって?やだなあ、そんなわけないじゃない。エロマンガだけで毎月30冊前後は買ってるよ。7冊程度で済むわけがない。

ケセランパサランってあるじゃない。毛玉の妖怪だかUMAだか。雪男やネッシーはもちろん、スカイフィッシュなんかよりはるかに信憑性に乏しい、都市伝説レベルのアレ。でもね、今日見たのよ。阪急電車の中で。ただの毛玉にしか見えないのに、まるで意思があるかのような動きを足元で繰り広げるわけよ。これはもしや本物のケセランパサランかもと一瞬思ったね。今夜俺は歴史の証言者になるかも、と。まあどう見ても単なる毛玉だったけど。

ここまでの文章を読んで分かるように、今日は仕事がなんやかんやと忙しくて非常に疲れたのだ。年末3連勤の初日からこんな調子で、明日あさって乗り切れるかしら。うへー。

2008年12月30日(火)

今月前半にお誘いを受けてたにもかかわらずその存在をキレイさっぱり忘れていた大学サークル仲間での忘年会。昨日にもまして仕事でトラブルがあったりでヘロヘロの帰り道に携帯開いて「2次会で待ってます」メール見るまで本当に脳内メモリ検索結果0件だったのに我ながら驚く。だいぶ既婚者が増えてきたというのに2次会は一人除いてみんな未婚。そろっていい年になってても皆相変わらずで、懐かしい空気が心地よく、短い時間だけど超楽しかった。行ってよかった。また会おうぜい。

で、その2次会に元彼女と仲の良かった子が来てて。ハッキリしたことはこれっぽっちも訊いてないが、どうやら元彼女が元気でやっているらしいと分かり嬉しかった。幸せかどうか分からないけれど、幸せに過ごしていたらいいなあ。本当は会って話したいこと謝りたいこといろいろあるけど、会う機会がないってことはきっともう会わない方がいいんだろう。俺がいるせいであの子がこういう集まりに参加できないとしたら悲しい。付き合ってる時さんざん枷になっていたというのに、未だ消えない呪いになんてなりたくない。ああ、違う。呪縛に捕らわれているのは俺だ。心の奥の奥で消えない鎖。結局は、自分が楽になりたい、赦されたいだけか。うん、ダメだわ。やっぱり二度と会わないまま、俺みたいなクソは一生勘違いしたままのたうち回ってればいいんだわ。最低。

まあ、こうして酒が入ってる時しか書けないような日記を残すのもアリだわな。

2008年12月31日(水)

年末っていうか今年最後の日記だし2008年を振り返ってどーのこーのするべきかもしれんが、仕事納めが今日の22時、帰宅したのが23時でもうヘロヘロでとてもそんな気分になれない。月曜からのロングシフト3連勤はトラブル続きだったしもうやだやだ。うん、忘れよう。明日から4連休、仕事のことなんか忘れてしまえ。

で、除夜の鐘を聞きながらこうして日記を更新してるわけだがオイオイもう年明けちゃうよー。これから出かける予定もなし、テレビを見るでもなし。とにかく疲れたのでもう寝ていいかな。エロマンガ読みながらエロ妄想にひたっていいかな。そんな最低な年越しもアリかな。あ、明けた。