ハラポネット




【此処最近のみみかき】
はらぽんの元を離れてから、今は此処でお世話になっているらしい。




※※※脈絡の無い呟き※※※

9/16〜9/30までハラポネット、ハラポネットフェスティバルが開催されます。皆様ふるってご参加を!愛言葉は「わっしょい」です。



ことわざ:笑うかどにはふくきたる
過度に笑いすぎて、服を着るべき処で、木の樽を着てしまった。
笑いに対しては、笑いで答える、関西人としての常識を意味する。




ハラポネットジャック

ハラポネット創世記
<第1章>
初めは暗く混沌とした世界が広がっていた。
神は言われた。「スイッチオン!」こうしてはじめは暗かったモニターに白い光が点滅し始め、やがて色鮮やかな世界が広がり始めた。
神はこれ見て良しとされた。
夕べがあり、朝があった。第一の日である。

神は色鮮やかな世界をネットと名付けられた。そしてその中に御自身の住まいを作られた。また、住まいをハラポネットと名付けられた。人々は神を讃え称賛した。
神はこれを見て良しとされた。
夕べがあり、朝があった。第二の日である。

神は言われた。「ガンプラが好きなんだよねー」すると神の住まいはガンプラに満ち溢れ、鋼鉄の如き雄々しさを備えた。また神はこうも言われた。「置き場所に困るんだよね」しかしガンプラの増殖はとどまることを知らず、常に増え続けた。
神はこれを見て良しとされた。
夕べがあり、朝があった。第三の日である。

神は言われた。「ハラポラジオはじまるよ!」人々は神の周りに集まり、神の声に聞き入った。また神はこうも言われた。「掲示板の方にね、どんどん書き込んで下さい」人々は先を競い合い神に賛辞の言葉を贈り、神からの返事を待ち望んだ。神はこの一つ一つに丁寧にお答えになられた。世に秩序が広がっていくのが見えた。
神はこれを見て良しとされた。
夕べがあり、朝があった。第四の日である。

神はこう言われた。「マクドナルドの正社員になります」これを聞いた人々は、マクドナルドに集まりマクドナルドは祝福に満ち溢れた。神は閉店後の掃除をされ、マクドナルドは美しく光り輝いた。
神はこれを見て良しとされた。
夕べがあり、朝があった。第五の日である。

神は言われた。「俺、仮性包茎なんスよ」人々は大いに驚き、より崇拝の心を強くした。
おっぱいの聖霊が現れ、これを祝福した。神は祝福の礼にとBz'を謳われた。神の歌は慈愛に満ち、人々は神の歌に心を奪われ、歓喜の涙を流した。
神はこれを見て良しとされた。
夕べがあり、朝があった。第六の日である。

7日目の朝、神はこれまでの御自ら所業を御覧になられ、御自身の住まいにて休まれることとした。神はこう言われた「合言葉は『わっしょい』です」人々は口々に『わっしょい』と唱和し、神の偉業を讃えた。
また、神はこうも言われた。「仕事でヘトヘトです。若い女性は僕に膝枕とかするよいいよ」人々はこれを聞いたが、恐れ多いと思い誰も神に近付こうとはしなかった。
神はこれを見て良しとはされず、大いに不満をかかえられたままだった。
7日目の夕べは未だ訪れようとしない。




いつものハラポネットへ 
(本家本元のハラポネットへ戻ります)

≪ノンフィクション≫≪フィクション≫
■取説 ■色採
■心色 ■楽描き
≪その他≫
■たまり板 (掲示板)
■旅の扉 (リンク) 鋭意作成中
ハラポネットをアンテナへ追加する
mailto : mailto@haraponet.jp